デジタルカメラのセンサーの光を感じる部分は、
規則正しく並んでいるので、規則正しく並んでいるものを撮影すると、
モアレや偽色が発生することがあります。
(今はずいぶん少なくなりましたが、テレビの男性アナウンサーのネクタイが変な色にギラギラしたりする現象のことです)

これまでの、デジタルカメラのトレンドは、
このモアレを発生させないために、細かな模様のものでも撮影できるように、
細かい部分をぼかすフィルター(ローパスフィルターといいます)がセンサーの前についていました。
そして、後でデジタル処理をして、
ぼかしたディテールを取り戻す・・・
という、なんとも矛盾したことをしていました。
(これからも、当分そうだと思います)

しかし、このごろのトレンドとして、
このローパスフィルターが、デジタル写真の画質を悪くしている。
という事がクローズアップされて、
ローパスフィルターが無いカメラが増えて来ました。

私が最近愛用している、LeicaのM8というカメラも、
ローパスフィルターを搭載していないカメラの先駆け的なカメラです。
(結婚式写真の出張撮影でメインに使用している、NikonのD4は、もちろん、よくも悪くもローパスフィルターがついています)

そのおかげで、撮影される写真はとってもクリアでシャープです。
しかし、、、ついに先日・・・
現れましたよ、すっごいモアレ・・・^^;

ライカM8で撮影した写真にすごいモアレが・・・

真ん中のビルの左側面にひどいモアレが・・・

M8 ビルのモアレ拡大

拡大すると・・・うわぁ・・・

というわけで、モアレ軽減にチャレンジです。
いつも使用しているRaw現像ソフト、
Adobe Photoshop Lightroomであれこれ試しましたが、
どうにも無理・・・
というわけで、
AppleのApertureというソフトへバトンタッチ!

Apertureでもあれを改善した写真

でも、どうにか改善できました。

ライカM8でビルのモアレ軽減 拡大写真

まだすこしわかりますが、、、随分マシになりました。

どうにかプリントしても目立たい程度に収束出来ました。

ほとんどのシーンで気になることは少ないモアレですが、
結婚式の写真を撮っていると、
ご新郎様のタキシードには結構な頻度で発生します。

カメラの特性を上手に使いこなすこと。
これもプロの腕の見せ所ですね!