先日の奈良出張レポート。
最終日。

鑑真和上で有名な、唐招提寺へ行って来ました。

お目当ては、ちょっと不純で、
実は妻へのおみやげで唐招提寺の鈴が欲しかったのですが、
行ってみてびっくり・・・

唐招提寺、金堂の写真

綺麗になった金堂

またもやお恥ずかしい話なのですが、
2000年くらいから、約10年かけて金堂の大修理が行われたとのこと。

本当に綺麗で、1300年の時を経ているとは思えないほど綺麗になっていても、
その歴史の重みはしっかり受け継いでいる。
という感じでしょうか。

本当に昔の人はスゴイなぁ・・・
思いました。

唐招提寺、金堂の写真

ちょっと違うアングルから・・・

唐招提寺

奥ゆかしい土塀

唐招提寺の土塀

瓦にも唐招提寺と書いてあります

もっと昔のことについて、広く、深く知りたいと思った、
唐招提寺散策。

そして、これだけのものを作るにはやはり、
お金や権力だけではなく、もっと深いところで人の心に訴えかけるなにかがないと、
これだけのことは成し得ないだろう。
と思いました。

宗教的な話をするわけではありませんが、
もっともっと自分磨きをして、
魅力ある人にならないといけない。
と思いました。