先日、ウィズモンドセレクションで私のMacBook Pro with Retina と
お客様のWindowsのノートパソコンを並べて話をしたのですが・・・

この写真(というか、アルバムの表紙の背景に使おうと思っていた色)の色が・・・
なんて話になって、、、
「ん?」
「えっ!?」

そう、お互いの見ている色が全く違うのです。

私のMacBook Proは簡単なソフトウェアキャリブレーションとはいえ、
SRGB(通常のパソコンで表示するための色の標準)は一応確保
してあります。

一般的なWindowsのパソコンは、
色の管理などはなされていないし、
ノートパソコンにいたっては表示できる色の幅がとっても狭い、
というのは、知識として持っていましたが、
実際に並べてみて衝撃的でした。

普段から、全ての写真の見え方にものすごくこだわりを持って、
色や明るさを調整していますが、
多くのお客様のモニターでは、それが再現されていないんだなぁ・・・
ということは・・・

やっぱり、写真はプリントにして残しましょう!
って話になるわけですよ。

確かに、印刷しなくても写真は見ることができますが、
本当に綺麗にプリントした写真を見て欲しい。
と思うのは、カメラマンのエゴなのかなぁ?

でも、せっかくプロに頼んで綺麗にとってもらう写真。
ましてや一生の思い出の結婚式の写真。
やっぱりアルバムにしましょう!