このところ、ずっと考えていた、
ライカレンズプラン。

来年から解禁しようと思います。

今、結婚式の出張撮影でメインに使っているのは、
Nikonのオートフォーカスのレンズ群。

これらは、もちろん素晴らしい写りです。

でも、写りが良すぎてなんとなく味気ないのでがす。
そう、それは例えるならば、綺麗に浄化された水道水。
それが悪いというわけではありませんし、
今のレンズでオートフォーカスやその他のレンズからの情報を明るさの判断に使えることのメリットは、
その味気なさを補って余りある程の恩恵があるのは間違い無いです。

でも、それを捨てても、
尚余りある味気のあるレンズたち。
いわゆる古いドイツのレンズ。
もっというなら、古いライカのレンズたち。

今のようにコンピューターで設計しているわけでもなく、
レンズの収差を技術者の感と経験で抑えこんでいく。
その抑える方向性が、レンズの味となって色濃く残っている。

そんな、古き良き時代のレンズたち。

写真を撮ることが好きなあなた。
なんとなく人と同じ写真じゃつまらないあなたへ!

ライカレンズプラン。

はじめます。

プラナーを覗きこむお2人の写真

おふたりも興味津々のレンズ群です。

特別な追加料金はありませんが、
すべてがマニュアルフォーカスでの撮影になりますので、
ちょっと心配・・・という方には、
万が一に備えて、サブカメラマンをつけることもできますので、
遠慮無くお申し付けくださいませ。

※プラン名は、ライカレンズプランですが、
使用するレンズのすべてがライカのレンズではありません。
使用するレンズは門出が十分に吟味したライカ、フォクトレンダーといったドイツブランドの味のあるレンズたち。

今のところ、以下の様なライナップでの撮影になります。
ELMARIT 21mm f2.8
SUPER ANGULON R 21mm f4
Ultron 40mm f2
Summilux R 50mm f1.4
Summicron M 90mm f2
Elmarit R 135mm f2.8

他のレンズでの写真も混ざってますが、
雰囲気だけでもお楽しみくださいませ。

それぞれのレンズの特集は又の機会に!

2016年6月を持って、本プランは終了いたしました。今後は、M型ライカを使ったデジタルライカでの撮影プランにて対応させていただきます。