以前ご紹介した、ブーケ・ブートニアのセレモニー

ご新婦様がなぜブーケを持っていて、
ご新郎様の胸になぜブートニアがあるのか?

というお話をさせていただきましたが、
また新しいお話を聞かせていただきましたので、
そのご紹介です。

それは、「ダズンローズ」と言われるもので、いろいろ調べてみると以前ご紹介した野に咲くお花、
からより進化したもののようです。

12本の薔薇の花をご新婦様へ贈り、その一本一本には、
「感謝、誠実、幸福、信頼、希望、愛情、情熱、真実、尊敬、栄光、努力、永遠」の意味があり、
それを束ねてご新婦様へ。

その中から1つ、ブートニアとしてもっとも大切にして欲しい気持ちを、
ご新郎様の胸にお返しするというもの。

ダズンローズのイメージカット

ダズンローズではありませんが、真っ赤なバラのブートニア

いやいや。
なんともロマンティックじゃないですか。

こんなロマンティックな演出。
門出的には大好きです。

もちろん、
結婚記念日や11月22日のいい夫婦の日に、
妻に贈る花束としてもいいかもしれませんね!