今日は久しぶりにライカプランの復習です。

ライカというのは、ドイツのカメラメーカーのカメラで、
無駄?とも思えるくらい、細部にわたってしっかり作りこまれているカメラ。
故に、生産から50年以上経ったカメラであっても未だに現役で使えるカメラが本当に沢山あります。

そして、カメラの優秀さもさることながら、
レンズの設計思想も日本のそれとは全く異なるため、
独特の写りをします。

今では、ライカのデジタルカメラもありますが、
やっぱりライカで撮る、はフィルムを詰めて、
一枚一枚を大切に撮影していく。

というのが似合う気がするのです。

日比谷パレス ライカで撮影した結婚式の写真

狙いを定めて映し込む。

デジタル全盛の今ですから、
料金的にはちょっとご負担が大きくなっては参りますが、
通常の撮影+60,000円でライカを使用したフィルムでの写真が手に入ります。

決して安くはありませんが、
お値段以上の価値がある。
(人にはある)

そんなライカプラン、おすすめです!

パソコンではどうしても伝え切れない、生の手焼きプリントの質感。
実際にご覧に成ってみたいかたは是非ともお問い合わせくださいね!