感寫では、記録メディアはSandiskを使用しております。

別に・・・
カードなんて何でも一緒やない?

って声も聞こえてきそうですが・・・

皆様のかけがえのない思い出を撮影させていただくものとして、
記録メディアの信頼性は、最重要項目の一つです。

こうした信頼性の高いカードを使用するのはもちろん、
さらに、メモリーカードを2枚使えるD3SやD3を使用しているのも、
すべては信頼性のため。

プロの仕事とは、そういうものだと思っています。

あと、信頼性の他に、書き込みのスピード。
これもかなり重要です。

書き込みスピードの遅いメディアでは、
フラワーシャワーの時などに連射をすると、
フラワーの道のりが長かったりすると、きっともっと早くに連射ストップ!なんてことになるでしょう。

特に、SDカードはいろいろな規格があって、
書き込み速度もかなり違いがあるようです。
(SONYのNEX-5NなどはSDカードです)

ちなみに、このメディア。

SDカードの写真

さて、早いのはどっち?

パッと見は45MB/sと書いてある右のカードの方が早そうですが、
NEX-5Nで使用した場合、
左の30MB/sと書いてあるカードのほうが書き込みが早いです。
(ストップウォッチでは勝手はいませんが、体感で・・・)

右のカード、UHS-Iという新しい規格で45MB/sでる。
ということらしく、対応していないカメラでは、それほど速くないみたいです。
左のカードはコレまでどおりの規格(Class10)で、
カメラが対応しているから、そのまま普通に早い!
というのがその訳のようです。
ちなみに、同じ容量だと左のカードのほうが安いです。高いからいい!って訳でもないんですねー^^;
もちろん、数年後にカメラを変えたときに対応していたら、
早いかもしれませんが、その頃には容量不足になっていますね・・・
あー難しい。

ちなみに、Sandisk以外のIO-Dataや、TOSHIBAの古いSDカード(Class4や6)も持っていて、
NEX-5を買ったときにプライベートで使っていましたが、
あまりに書き込みが遅く、使うのを止めました。
しかも、動画で書き込みエラーを起こすという為体・・・
(という訳でやっぱりSandisk!!)

・・・もちろん、Sandiskでトラブルにあったという人もいらっしゃるかもしれませんが、
やはり、あまり耳に入ってこないということは、少ないと信じています。

という訳で?
みなさんもメディア選びは慎重に行なってくださいね!

それにしても・・・
この仕事を始めた4年少々前は・・・

4GBなんてかわいいメディアを使用していたなぁ・・・
(それでも当時は1万円少々した気がします・・・)

今では、結婚式の後で撮影した集合写真を、
ご披露宴のあとで配るときのjpeg記録用・・・
という悲しい使われ方ですが、、、

案外役に立つものです。