今年もやってまいりました!
デジタルフォト&デザインセミナー

いつもお世話になっている、
Adobe Photoshopをはじめ、
様々なデジタルコンテンツの旬な情報が手に入る。
とってもステキなイベント。

今日、一番面白かったのは、
Photoshop CS5になって搭載された、
「パペットワープ」の機能。

存在は、CS5の発表時にYou Tube等でさぞかし凄い機能の様にアピールしていたので、
知っていましたが、正直実際何に使うのだろう?
と思っていました。

が・・・
プロのレタッチャー(写真のレタッチを専門にしている人達)は、
やっぱり私達よりフォトショップの扱いに精通していらっしゃいます。

便利な使い方を教えていただいたので、早速チャレンジ!!

結婚式で新郎様の立ち方

以前ご紹介したカッコイイ立ち方門出

これを・・・

結婚式でご新郎様の立ち方

ちょいちょいちょいっといじって・・・

結婚式で新郎様の立ち方

右が変身後です。

オーバーにしませんでしたが、顎のラインと足下を調整してみました。
ものの1〜2分の雑な作業ですが、それなりになったかしら?

さて、これをどんな場面で使用するのか?

それは、このブログをご覧頂いている、
読者の方達のご想像にお任せ致します^^

追伸・・・
ライカデイズ2011のセッションで、
フォトグラファー小林幹幸氏がしきりにおっしゃっていた、
「ライカで撮った写真には存在感がある」
(つまり、そこに本当に人がいる様に写っている)
とおっしゃっていたのが印象に残りました。
確かに・・・

そうなんですよねぇ・・・
(激しく同意)
というわけで、
結婚式の一日をライカで撮影するライカプランもお勧めですよ!!