Yahoo!ニュースにも出ていたので、ご存じの方も多いと思いますが!

ピントは後から合わせればいい

もしもこのカメラが実用化され(更に画質が向上され)れば、
私達は、まさにシャッターチャンスとフレーミング(構図)、そして明るさ(露出)
のみに集中することが出来る・・・
(もしかしたら、明るさなんてのは、後から調整出来るかも知れないし、被写界深度の調整も自由に出来そうですね!)

そして、もちろん写真の見せ方さえも変わってきそうです。
なにしろ、3Dで記録出来ているわけですから^^

理論は・・・わかりますが、
実現させたところがすごい。

うーん。
すごい。

サンプル画像は、LYTRO社の公式サイトからご覧いただけます。