今日は、なぜ私がRawで撮影するのか、というお話しです。

まずは、次の2枚の写真をご覧になってみて下さい!

JPEG画像

ぱっと見はキレイですよね^^

Raw撮影の画像

やっぱりあまり違わない!?

確かに、Webに掲載出来るサイズにリサイズしているので、その違いはぱっと見わかりにくいですよね。

※Raw撮影したモノも、よく見るとjpegに変換してリサイズ、圧縮しているので、
若干空の階調などは崩れてきています。その点差し引いてご覧下さい(^^;)

では、拡大図を!!

空拡大図

左がjpeg撮影したもの、右がRaw現像したものです。

画像の調整をほとんどしていないので、jpegの劣化具合もほとんどありませんが、
それでも、空のグラデーションがなめらかではないのがお分かりいただけますか?

モニタ上ではよーく見ないと分かりにくいと思います。

しかし!これが印刷になると、悲しいくらいに目立ちます!!

さてさて、今回はほとんどいじっていないと先に書きましたが、
結婚式や、披露宴の撮影では、とっさのハプニングなどもたくさんあったりするため、
明るさの微調整が必要であったり、
さまざまな光源が混ざり合った会場では、
色の調整も必要になってきます。

これらの調整をjpeg撮影した画像におこなったら・・・
今回の比較所ではない、想像を絶する画像の劣化が起こります。

画像の劣化を最小限におさえて、
撮影したときのイメージをより一層高めた形で再現出来るRaw撮影。

門出のスタンダードです!