先日、写真家 ボブ・ウィロビーさんが撮影したオードリー・ヘップバーンの写真と、
オードリーの身の回りの物を展示した
「オードリー・ヘップバーン生誕80周年記念の展示」を見に行ってきました( ´艸`)

展示会のチケット

観てきましたー( ´艸`)

東京は錦糸町の「LIVIN」で、26日まで行われています!
明日がゆっくり見に行けるラストチャンス!

ぜひ!


写真は、たっぷり100点以上はあったかと思います^^

まさか、そんなにあるとも思っていなかったので、
大満足です^^

仕事中の写真も、もちろん良かったんですけど、
やっぱりプライベートで子供の前とかで見せる表情の方が
やっぱり好きでしたね^^

オリジナルプリントの販売もあり、
思わず買ってしまいそうでした^^

が・・・

4切で、30万・・・
うーん。
レンズが先だな。

それにしても・・・
写真のオリジナルプリントと、デジタルプリントの違い、
なぜ値段が違うのか、など、とっても詳しく書いてあって・・・

一般の方には、オリジナルプリントの希少性って、
やっぱり分からないものなのでしょうか?

感寫のオリジナルプリントも、是非観に来て下さい^^

もうひとつ。

展示を観に来ている人、
私以外、みんな女性でした。

・・・

・・・

私の思考回路は・・・?

至る所に書かれている、女性の永遠の憧れ・・・

という台詞。

やっぱり・・・