以前から、ときどきカメラマンのマッチングサイト(紹介サイト?斡旋サイト?)から、登録しませんか?
という趣旨のメールが届いていましたが、この頃はそれが特に頻繁に届くようになりました。

たぶん、カメラマンを探しているマッチングサイトの運営者がこの記事を目にすることはなく・・・
これからも「登録しませんか?」、「うちの案件、撮影してもらえませんか?」と、言葉巧みに勧誘してくるでしょう(笑)
(なんどかきちんと丁寧に返信してお断りしているのに別の担当者からまたメールが来るあたりがもう・・・以下自粛)

目につくことはないと思いますが、一応宣言しておきます。

カメラマンを紹介して、撮影料金のXX%を持っていくサイト。
X万円でお客様から受けた撮影依頼を(X-1)万円とかで仲介するサイトには一切登録しません。
(一部、一切費用がかからずに紹介していただけるサイト(タウンページとか)には、登録しています)

あまりそんなイメージはないかもしれませんが、カメラマンも技術やサービスを提供しているという意味では、
寿司職人や家具職人、もしくは芸能人と同じく、職人だと、私は思っています。

職人を人に紹介するときって、自分でお願いしたことのある人や、一緒に仕事をして「いい仕事をするなぁ・・・」と思う人。
それだけじゃなく、人柄も紹介して恥ずかしくない人。

そういう信頼できる人を私は紹介します。

マッチングサイトのように、何処の誰だかわからない人を紹介して、
紹介料だけ持っていく、というビジネススタイルはどうしても受け入れられません。

マッチングサイトの謳い文句は、いい写真が撮れて、お客様(ユーザー)も幸せ、いい写真を撮って仕事ができてカメラマンも幸せ、という謳い文句を掲げていますが、その割には、その料金があまりにもゴニョゴニョ・・・以下自粛、なので、マッチングサイトで仕事をしていると、運送業界の料金体系が崩壊したように・・・必ずカメラマン全体に悪い影響が出るとも思っています。

仲間内でも話題になっているのが、マッチングサイトから派遣されたカメラマンの行いが悪すぎたので、カメラマンが一切入れなくなった神社がいくつがあるようです。

もちろん、それなりの料金でとっても素敵な写真が残せた方も沢山いらっしゃるとは思いますが、それはカメラマンのいい写真を撮りたいという熱意があってのもの。

そういう熱意のあるカメラマンには、ちゃんとまっとうな報酬が入るようにしないと、いい仕事を続けていくことは難しくなってしまいます。

長いものには巻かれてしまう世の中ではありますが、私は巻かれないように、
そして少しでも多くのカメラマンとお客様とが出会えて素敵な写真がいっぱい残せる、そんな世の中を作っていけるよう頑張りたいと思います。

※私が所属しているウエディングフォトグラファーズ協会は、素敵なカメラマンとお客様が互いに自身の力で幸せな出会いができるように頑張っています。

いい写真は、人生を豊かにする。

そんな信念をもったカメラマン(フォトグラファー)がみんなで頑張っています。