もう発売されて3年近く経つ、Nikonの「24-70mm f2.8E VR」。

フォトヨドバシ(ヨドバシカメラのカメラなどの紹介コーナー)に開発者のインタビューが載っていました。

こんなにマニアックな話を読んで楽しいのはきっと私のようなレンズバカ(笑)だけだろうなぁ・・・

と思うのですが、今回はとても内容が濃くて充実していました。

24-70mm f2.8E VR

右が今回の記事のレンズです。左は旧型。

創った人の顔、そして想い知ることで、その製品へのより深い愛着が湧いてくる」というのが私の持論ですが、今回この記事を読んで、今一番使っていると言っても過言ではない「24-70mm f2.8E VR」がますます好きになりました。

記事によると・・・

壊れにくいように設計してくださってはいるようですが・・・

すでに何度か修理、メンテナンスをしています。

ウエディングという過酷な環境(華々しい場所なのですが、駆けずり回って撮影をしている私達には過酷な環境なのです(笑))では、大切に使っているつもりでもどうしてもカメラやレンズを酷使してしまうので、日々のメンテナンスは欠かせません。

次のモデルチェンジではもう少し頑丈に・・・でももう少し小さく軽く・・・なんて矛盾する要求を持ってしまうプロカメラマンばかりですが、
そんな私たちプロカメラマンの要求に応えるべく、開発者の方も頑張ってくださることと思います。

そんな開発者の方のご苦労に報いるためにも、いい写真をいっぱい撮らないといけませんね。