定期的に(たぶん・・・)開催されている、フジフイルムのプロフェッショナルセミナー。

今日は、ニューボーンフォトのセミナーに参加してきました。

新生児を撮影するので、ちゃんとした知識が無いとやっぱり危ないと思い、これまでは撮影を引き受けていませんでしたが、
撮影を通して、赤ちゃんにはもちろん、ママの気持ちにも寄り添うことでいいこともたくさんあるということを学びました。
(というかちゃんとした知識があっても、新生児にはリスクの部分もあるみたいです。でもそれよりもメリットを活かす方向で撮影できるようにしていければいいですね)

今日のセミナーの中で、私たちカメラマンもちゃんとした知識を持っておかないといけないと思ったのは、通常のベビーフォトといわゆるニューボーンフォトの違い。

前者は、カメラマンは赤ちゃんに触らないで撮影をする。
後者は、カメラマンが赤ちゃんに積極的にポージングして撮影をする。

ということ。

このことをちゃんと理解してお客様に自分がどっちの撮影をしているのかをちゃんと説明しないといけませんね。

ニューボーンベイビーフォト 出張撮影

こんな感じはベビーフォトになるのでしょうかね。

爆発的に流行り始めている(もう流行っている)ので、
撮影をする私たちカメラマンも、お客様に間違った情報を流さないように気をつけないといけませんね。

赤ちゃんが自然にとれないポーズでの撮影はあまり気乗りがしないので、
ニューボーンというよりは、ベビーフォトを撮るようにしようかなぁ・・・と思った今日のセミナーでした。