最近、ちょっとずつ趣味で使う方が増えているというフィルムのカメラ。
撮影したフィルムをスキャンしてインスタグラムにアップする、なんてのも流行っているみたいですね!)

確かに今年は公園や行楽地などでもよく見かけました。

そんな流行りに乗って、、、という訳ではありませんが、昨日久しぶりに江戸川区のロードバイクのプロショップ、ライトサイクルさんのイベントに参加しました。
フィルムカメラをぶら下げて自転車に乗って西新井大師へ。

店長の高橋さんも大のカメラ好きということで、カメラ好きのみなさんがたくさん集まって、楽しいイベントになりました。

フィルムカメラ ローライ35 写真 ポタリング

ローライ35を持っていきました。

久しぶりにのんびり沢山写真を撮りました。

店長曰く「フィルムのカメラは一枚一枚撮ったときのことをはっきりと覚えているのがいいんだよねぇ」とのこと。

確かにその通りで、明るさを自分で決めて、ピントをしっかりと合わせて、慎重にシャッターを切る。

その一連の動作を行う際の集中力。

その不便さ故に、思い通りの一枚を撮るために脳ミソをフル回転させるからでしょうか。

撮影後に、現像からあがってくるのをまつワクワク感もフィルムカメラならではの楽しみですね。

Photo感写でもフィルムのカメラを使って撮影に行くイベント、やってみたいなぁ・・・と思いました。