先日、ちょっと問題があってアップデートを見送る宣言をしたPhotoshop CC 2018ですが、いろいろ調べて解決しました!

という訳で、まずはサブマシンからアップデート完了です。
(今回は念のため、サブマシンでテストしてOKでしたらメイン機をアップすることにしましたが、問題ないので順次メイン機もアップデートします)

まずは、懸案事項の確認をして問題ないことを確認したので、今後もPhoto感写のテイストはそのまま続行できそうです。

アップデートしたからには新機能をちょっとご紹介。

今回、私が一番注目しているのは、ブラシ(選択範囲(補正をする部分を選択する)などを作る時に)のマウスでのコントロールです。

こまかな作業をする際はペンタブレットを使っているのであまり違いはないかもしれませんが、
ちょっとした時はマウスで行うこともあるので、これは便利そうです。

Photoshop CC 2017 ブラシ

2017バージョン

Photoshop CC 2018 ブラシ 比較

こちらが最新の2018バージョン

2018バージョンのほうがちょっとだけ滑らかに描けたような気がします。

このちょっとの差が、クオリティに大きく影響してくるのが選択範囲。

「選択範囲を制する者、Photoshopを制する」とまで言われる選択範囲づくり。

これでまた作業効率とクオリティアップができそうです。