ライカのデジカメ(M8やM)を買うまでは、プライベートなスナップ写真の殆どをコレで撮っていたのではないか?と思うレンズが、
フォクトレンダーというブランドの「Ultron 40m f2」です。

パンケーキレンズと称されるジャンルに属する、鏡筒の小ささ。

それなのに、F2と明るいレンズ。

適度なシャープさと、柔らかいボケ味がとても気に入っていました。

ただ、ライカを買ってからはマニュアルフォーカスで撮るなら、ライカになってしまっていたので、ずっと防湿庫でお留守番していました。

この度、そのUltron 40mmのニュータイプが発売される!ということで、興味津々。

ふむふむ、「接写リング無しで接写できるようになった!?」

それならマクロレンズ代わりにカバンに仕込んでおこうか?!
とも思ったのですが、、、よくよく見てみると、、、

レンズの全長が相当長くなっている(接写ができるようになるということは、、、それはそうなりますよね。。。)

軽量、コンパクトなことが持ち味のレンズだったはずなんですけどねぇ・・・

とってもいいレンズなだけに、ちょっと残念でした。