ちょっと頼まれごとで昔写真データを保存しているハードディスクの中の写真を整理していたら、友人のおばあちゃんの写真が出てきました。

いわゆるガラケー時代の写真なのですが、おばあちゃんが亡くなった時に「この写真、遺影に使えないかなぁ?」と送ってきたものです。

結局遺影にはしなかったのですが、懐かしい写真だったのでメールで「こんなの出てきた!」と送ってあげたらとても喜んでくれました。

たぶんガラケー時代の写真なので、もう簡単にはみられなくなっているのかもしれませんね・・・

プリントで欲しいということだったのでプレゼントしてあげることに。

写真はやっぱりプリントして残しましょう。

おばあちゃんとのいい関係性が写ったとても素敵な写真ですね。

スマホで撮影した写真はクラウドに残せば(無くなってしまうクラウドサービスもあるかもしれませんが)たぶんいつでも観ることができるかもしれません。
(クラウドも万全ではないと思うので万が一のことはあるかもしれませんけど・・・)

でも、クラウド内の写真データが膨大になればなるほど、目的の写真にたどり着くのは大変に・・・

そもそも、その写真の存在すら、忘れてしまうかもしれませんよね。

手元にいつでもみられる状態で写真がある。

プリントの整理も大変ですが、大切な思い出の一枚は必ずプリントして残すようにしたいですね。