今日は先日の勉強会のメンバーが中心のとある講座を受けてきました。

察しのいい方(というかこの手の講座、セミナーに興味のある方)でしたらタイトルからだいたいどういったセミナーだったのかお分かりになるかと思います。

騒音関係の研究職からカメラマンに転身する際、そして最初に働いたスナップ写真の会社を辞めて独立する際に、それぞれ自分を見つめ直しましたが、独立から早7年。

今日の講座を受けて、日々の撮影、編集をしている中で感じていることが少しずつ変わってきている気がしました。
(お客様と友達のような関係でいたいとか、自分がいいと思っているものしか勧めない(取り扱わない)というポリシーは変わっていません)

一言でお伝えするのは難しいのですが、
写真を残す意味というか、写真が宿す未来への力みたいなもの。
結婚式、そしてその後につづく家族の写真を撮らせていただくというのはどういったことなのか。

などなど、勢いでそれぞれの職場を飛び出した頃よりは深く深く考えています。

今はまだ上手に伝えられませんが、しっかり棚卸しをして今の私の写真や撮影に対する想いを伝えていきたいと思います。

それにしても、やっぱり時々インプットの日をつくるのはいいですね。

脳みそがかなり活性化されました。