門出の好日

先日よりFacebookなどのSNSで異常すぎる持ち込み料金と話題になった某式場の説明書き。

すぐに記事が削除されていたので、式場側からクレームが入ったのでしょうか。

ただ、あまりに騒ぎが大きくなっていたので、メディアも動いたみたいですね。
Yahoo!ニュースのトップにも記事が出ました。

元記事は「ねとらぼ」の「結婚式で出席者のカメラ持込料10万円」ってホント? 式場側の言い分は」という記事ですが、取材した結論からいうと、「友人が一眼レフを持ってきても、請求しない」らしいです。

かなりつよい口調で書くことで持ち込みを規制したいというのが狙いですね。

確かに、結婚式場を建設して維持するにはそれはそれは大きなお金が必用で、それをしっかり回収して利益をあげるには写真に限らず式場提携の業者を使ってもらわないと困るという式場側の考えもわかります。

ただ、その式場の商品が市場の原理に反して高額すぎる商品が多い会場さんが沢山あるのが問題なのだと思います。
(掛けている手間暇に対して値段が高すぎるように感じています)

そういう結婚式業界(業界になっていることが問題という説もありますが今回はそこは取り上げないことにします)の値段を異常だと感じる方々も増えていて、そういった方達は結婚式を挙げないという選択をなさっていると聴きます。(それ以外の理由で挙げない方もいらっしゃると思いますけど)

いつも言っていることですが、結婚式場を経営していらっしゃる方々も、誰のため、何のための結婚式なのかを最優先に考えれば結婚式の無用なトラブルもなくなってくるのではないかと思っています。

そしたら結婚式を挙げるカップルも増えてきて・・・となるのではないかと楽天的に考えてしまうのですけど。

そうもいっていられないのでしょうかね。

あ、あと、会場側が外部業者の持ち込みを嫌う理由に、会場のルールを守らない(他のお客様に迷惑になる行為)や、
進行の妨げになることをする業者さんがいるというのは、外部業者さんも気をつけないといけないことですよね。
(進行に余裕がなさすぎるというのもちょっと問題ですけどそれはさておき・・・)

私としてはこれからも、結婚されるおふたりが望む形のものをベストな形で提供できるよう全力で頑張るだけですが、
微力ながら業界の体質改善を進めていけたらいいなぁ、、、と思った今回の出来事でした。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。



カレンダー

2017年4月
« 3月   5月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930