私が結婚式の出張撮影で使っているカメラのメーカー「Nikon」さんから、素敵なムービーが公開されました。

「写真って思い出じゃなく、誰かの想いなんだ。」
というフレーズで、

「写真って、なんだろう。そう考えたとき、そこにあったのは、カメラを手にする人、撮影される人、そしてその空間にあふれた想いでした。気持ちを1枚にこめてシャッターを切る。」

と添えられています。

例えば結婚式であればご新郎様がご新婦様を愛おしく想う気持ち。
これまで大切に育ててきた息子、娘が人生のハレの舞台に立つ姿を嬉しく想う親御さまの気持ち。
その気持に応えるように、感謝の気持ちを表現するおふたり。

ご家族写真であれば、親御さまがお子様を可愛いと思う気持ち。
宝物のように思われる気持ち。
元気に大きく育ってほしいという想い。

結婚式、そしてそこから始まる新しいご家族の思い出を写真として残すのはもちろんですが、その時の想いまでも思い出していただける。
写真を通して今まで気が付かなかった想いを届ける。

そんな写真をこれからも撮り続けていきたいと改めて思ったコマーシャルでした。