すっかり私たちの生活に無くてはならない物になったスマートフォン。

今やスマートフォンをデジカメとして利用なさっている方も多いので、先日発表された、Nikonが高級コンパクトデジカメの発売をやめたということにもなってしまうんですね。

でも、やっぱりスマートフォン。

フォンというだけあって、一応電話なんですよね。

標準の撮影機能はやっぱりそれなり。
(条件さえ良ければそれなりにいいのですが)

ちょっと写真にこだわりたい、きれいな写真を残したい写真好きにはちょっと物足りない?というのが正直なところでしたが・・・

実は少し前からiPhoneでもRaw撮影が可能になっていますよね。
(iPhone7あたりから可能みたいです。だから高級コンデジも製造を諦める方向に行くわけですね・・・)

iPhone標準の写真アプリではJpegでの撮影しかできませんが、我らがAdobe社の「Lightroom Mobile」というアプリを入れていただければあなたのiPhoneも高級コンパクトデジカメに早変わりです。

iPhone7 LR mobile Raw撮影

かなり細く設定ができます。

設定できるのは、、、

・ピントの位置
・ホワイトバランス(写真の色味)
・ISO感度(簡単に言うのは難しいですが誤解を恐れずに言うと、明るさの調整)
・シャッタースピード(明るさの調整に使いますが、動くものや手ブレ、被写体ブレの関係でどの程度を選ぶのかが結構難しいです)
・露出補正(ISOやシャッターをオートにすると選択できて、明るさの調整が行えるようになります)

この5つを調整できればかなりのところまで写真の写りをコントロールすることができるようになります。

写真の難しさの一つに、明るさの調整があって、これを一言では説明できませんし、本当に使いこなすには頭での理解と感覚の慣れが必用なのでちょっと大変ですが、自由に使えるようになると写真を撮るのが本当に楽しくなります。

ちなみに、普通に撮るととても難しい条件でも、、、

エンゲージメントフォト 結婚式の出張撮影 打ち合わせ 入籍記念写真 Raw

こんなにきれいに撮れました!

(先日の入籍記念の撮影をさせていただいたおふたりですが、ご自身でiPhoneを使って撮影なさったそうなのですが、どうにも暗い写真になってうまく行かなかったそうです。)

ちなみに、標準のカメラで撮影すると・・・

iPhone Raw LR mobile

こんな感じになりました

これでも、一応標準の機能で使える明るさ調整を行っているんですけど・・・

最初の写真と比べると色も明るさもいまいちですね。
(せっかくの素敵なおふたりの良さがうまく表せなくなってしまいました。ごめんなさい!)

Raw撮影した写真のデータはとても容量が大きいので、スマートフォンの容量をどんどん食いつぶしていってしまいます。
なのでココぞという時にだけ使うようにしたほうがいいと思いますが、ここ一番の写真を残したい時は是非Rawモードをおすすめします!

ちなみに、Rawモードで撮影しておけば、後からでもある程度きれいな状態に編集することもできます。
(jpegでもあとである程度編集できますが、いじればいじるほど画質が低下してしまいます)

iPhone以外のスマートフォンでもRaw撮影できるものもあるようなので、ご自身のスマートフォン、ぜひ確認なさってみてはいかがでしょうか?