結婚式の出張撮影のお打ち合せの際に、だいたいいつも伺うことがあります。

・ずっと頑張って準備をしている結婚式の日を、どんな一日にしたいですか?どんな一日になったらいいですか?

答は本当に人それぞれですが、例えば、

1.ゲストの方々に楽しんでもらいたい。(料理、お酒、演出、雰囲気などなど)
2.親、そしてゲストがあっての私たちなのでその感謝の気持ちを伝えたい。
3.新しい人生の門出の日としてのケジメをしっかりと付けたい。
4.自分たちが主催して自分たちのために人が集まってくれる(主役になれる)日なので、楽しみたい。きれいな自分になりたい。

ほかにも、いろいろありますが、もうちょっと細かく分けて聞いたほうがいいなぁ・・・と思い始めています。

なぜなら、結婚式と披露宴はその意味合いがちょっと違うから。

先ほどの1〜4の回答は、

1はどちらかと言うと披露宴。(もちろん挙式の雰囲気を楽しんでもらいたいという場合もありますが、概ね披露宴でのことのように感じています)
2もどちらかというと披露宴。
3は、挙式の方を指している場合が多い気がします。
4は、両方でしょうか。

結婚式は、これからふたりで家族になって頑張っていきます。というのを誓うための儀式で、
披露宴は、お互いに相手のことを自分の家族、親族、友人関係、会社関係、、、その他へ紹介するための宴。

一昔・・・いや、ふた昔でしょうか。

私の両親の世代は、結婚する二人のために親が披露宴を催す(なので、招待状も親の名前でだしていたそうです。今でも連名で出したりする方もいらっしゃいますよね)のが当たり前だったようですが、(なので家と家の結びつき、という意味合いも強く、仲人さんがいるのも当たり前、という時代)最近は仲人さんがいることは稀ですよね。

なので、おふたりの思い通りの披露宴ができたら一番いいのかもしれませんが、親御様の世代からするとやはり馴染みのスタイルとずいぶん変わってきている昨今の披露宴。

口出しをしたくなることもあるでしょうし、実際に口出しをされて大変だったというご経験のある方もいらっしゃるかと思います。

これから始まる新生活のなかでは、親戚づきあいなどもあるかと思いますので、親御様のご意向もくんで披露宴の事を考えないといけない部分もあるかと思います。

でも、そうなると「誰のため、何のための結婚式・披露宴なんだろう」とわからなくなってくることもあるかもしれませんね。

そんな時に、沢山の結婚式や披露宴を見守ってきたカメラマンとして、「こういう風に考えてみたらどうでしょう?」とか、「こういう風にしたら丸く収まるかもしれませんね」という具体的なアドバイスができることもある気がしている今日このごろ。

今、ここでできるアドバイスは、、、

準備中に迷った時は、この記事の一番最初の質問、「どんな1日にしたいのか?」ということを改めて考えてみてはいかがでしょうか?

という問いかけです。

(そもそも自分たちはどうしたいのか、そして親を始めとするゲストの方々をおもてなしして、感謝の気持ちを伝えるにはどうしたら良いのか?ふたりでゆっくり、建設的に考えてみましょう)

だんだん、ご新郎様・ご新婦様との年齢も離れてき始めているのを感じるようにもなってきましたし、
ちょっと結婚式に詳しい、頼れるお兄さん的な存在になるべく、もっともっといろいろなことを経験しないといけませんね。