門出の好日

今日は、来月の結婚式&披露宴のおふたりとのお打ち合せ。

最初にお問い合わせを頂いたのはもう一年以上も前(会場が決まる前にお問い合わせいただきました)。

会場ことやドレスのことなどなど、メールで沢山相談に乗らせていただきました。

いよいよ当日が近づいてきて感慨もひとしおです。

とっても綺麗なご新婦様ですが、控え目な性格?!(いや、ちょっと違うんですが簡単にお伝えできないのでそう表現させていただきました)で、結婚式(というか披露宴?)を挙げることにあまり乗り気ではなかったそうです。

でもご新郎様となぜ結婚式・披露宴をするのかよく話し合いをなさったそうです。

その結果、
「両親に、これまで育ててもらった感謝を伝えたい。」
「新生活を始めるにあたっての二人の決意をゲストの方々に見守っていただきたい」
ということに行き着き、
「感謝を伝えるというコンセプトで結婚式、披露宴をしよう。」ということになったのだそうです。

他にも沢山おふたりのことを聞かせていただきましたので、当日も「はじめまして」って来るカメラマンさんよりもいい写真が撮れること間違いなしです!

それにしても、なぜ、結婚式、披露宴をするのか、という疑問をしっかりお考えになったおふたりのお話。
私が常々感じている、「披露宴という言葉が、現在の結婚式の後の宴の名前にふさわしくない」という想いを再確認させていただいたエピソードでした。
(披露宴というとやっぱり一昔前の親御様が主催の会のような気がします)

いっそのこと、ここらで「感謝祭」とか「感謝の会」とか、「感謝の宴」とかに改名したらもっとすっきりと結婚式・感謝の会を催せるかたも増えるのではないかと思う今日このごろです。

コメント



カレンダー

2017年2月
« 1月   3月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728