発表されましたね。

Leicaの新しいM型のデジタルカメラ「M10」

一番いいなぁ。。。と思ったのは、ずっと使ってきたフィルムのライカとほぼ同じ厚みになったということ。

カメラの構造上、厚さがファインダーの視野の大きさ(倍率)に直結しますので、まずはそれが一点目。
そして、人よりも手の小さい私にはこれまでのMデジタルはちょっと持ちにくかったというのがその理由です。

あとは、シャッターや絞りの設定の次に使用頻度が高い、「ISO」感度の設定がダイヤルでできるようになったということ。

デジタル部分が旧型より良くなるのはこのご時世、当たり前といってはいけないかもしれませんが、そこを追い求めるとどうしようもなくなってしまいます。
でも、この2点だけでもかなり、いや、とても魅力的なカメラに仕上がったと感じています。
(ただ、流石に高いので今回は購入しないです)

昨日のキタムラの話ではありませんが、ドイツのライカというメーカー。

ユーザーの求めているモノづくりをよくわかっていて、
「変わらずにいることと、変わっていくこと」のバランスがとてもいいと感じています。
(ときどき迷走することもあるみたいですけど)

私も見習っていきたいと思います。