この頃少し気になっているレンズ。

Voigtländer HELIAR-HYPER WIDE 10mm F5.6 Aspherical

これまで私が使ったことのあるレンズは、魚眼レンズを除けば同じくこのVoigtländerの12mmが最も広かったのですが、それを遥かに超える強烈なインパクトの有る写真が撮れそうなので、使ってみたいのですがきっとすぐに飽きるのだろうなぁ・・・と思うとなかなか購入に踏み切れない一本です。

(というか、体は一つなので持っていける機材の量には限りがあるため、使用頻度の低くなりそうなこういった特殊なレンズは最終的に使わなくなるということです)

「どんな写真を撮るのか」、ということより、「何を撮るのか」ということのほうが大切だと思い始めている、結婚式の写真にはやっぱり必要ないと言い聞かせることにします。