神前結婚式。

大切な儀式ですので、必ず行うことはどこの神社でも同じですが、その神前での誓いをより深いものにするため、といったら良いでしょうか。

オリジナルの儀式を行っていらっしゃるところもあります。

港区の赤坂氷川神社では、御櫛預けの儀(みくしあずけのぎ)という儀式を行っておられます。

赤坂氷川神社の公式サイトによると

ご祭神の神話に基づいた、女性の分身とも言われる櫛を、ご新婦からご新郎へ預けることで、お二人一体となり、新しい生活を二人三脚で営む誓いを立てる当神社独自の儀式です。
素盞嗚尊は、生贄にされそうだった奇稲田姫命(別名:櫛名田比売命)を櫛に変えて、当時の男性の髪型である「髻(みづら)」に挿し、勇敢にヤマタノオロチを退治、のちお二柱は夫婦神となりました。

とのことです。

こういう神社にまつわるオリジナルの儀式はやっぱりおふたりの心にも残るることでしょうね。

赤坂氷川神社 結婚式 写真 ウェディングフォト 出張撮影

想いを込めて

赤坂氷川神社 結婚式 写真 ウェディングフォト 出張撮影

おふたり手を取り合って

新しい素敵な家庭を築いていかれることと思います。