先日とりあげたPhotoshop2015.5の新機能

コンテンツに応じた切り抜き(切り抜きで回転させてはみ出た部分を塗り足してくれる機能)。
あまり使えそうにもないので頭の片隅に・・・という感じで書いていましたが、すみません。訂正します。

ファミリーフォトプランに標準でお付けしている、パネルを作る際に、一旦パネルからはみ出して貼って余分な部分を切り取るというアナログな作業をしている(紙の大きさとパネルの大きさがぴったりだと貼る時にずれるため)のですが、その切り抜く部分はこの機能で塗り足しをすれば、オリジナルに近い写真のイメージでパネルにすることができることに気が付きました。

さらに、カメラで撮影した写真の比率(2:3)とパネルの比率(4:5)の違いから、写真の絵柄によっては長辺がちょっと窮屈になってしまうこともありましたが、この「コンテンツに応じた切り抜き」で縦横比の関係で足りなくなる部分を塗り足してあげると、よりいい感じでパネルが作れることにも気が付きました。

ファミリーフォト 出張撮影 家族写真 フォトパネル

オリジナル縦横比の写真

これを比率を4:5にして切り抜くと・・・

ファミリーフォト 出張撮影 家族写真 フォトパネル

これまではこんな感じになってしまっていました。

今回新しく搭載された機能をつかうと・・・

ファミリーフォト 出張撮影 家族写真 フォトパネル

ちょっと雑ですが、こんな感じにできるようになりました。

やっぱりできることが増えるっていうのはいいことですね。

そして、日々より好い形のものを作っていくにはどうしたらいいのか、
考え続けるのも大事だということですね。

日々勉強です。
(先日ご紹介した「ゆがみフィルター「顔」ツール」よりもよっぽど使用機会が多くなりそうです)