先日お伝えした、現在建築中の門出家&Photo感写のスタジオ

とてもここにはまとめきれないほど、いろいろなことがありますが、結婚式の準備にも通じることを感じたので、今日はそのことをまとめておきたいと思います。

結婚式場やホテル、レストランでは、提携業者の商品以外の商品(私たちのようなカメラマンやブーケ、ドレスを利用すること)を、「持ち込み」といいますが、
住宅建築の現場にもやっぱり「持ち込み」ならぬ、「施主支給」という現象がありました。

家の構造に関わる部分(結婚式でいうところのチャペルや料理など、根幹の部分)はどうしようもないと思うのですが、
それ以外の部分は、案外「施主支給」という選択肢もあるようです。

例えば

・かわいいライトがあってそれを使いたい
・おしゃれなトイレットペーパーのカッターを使いたい

という小物系から、

・床材を好みのものにしたい
・キッチンを好みの家具職人に造ってもらいたい

という大掛かりなものまで。

今回、私たちは上記のもの(それ以外にも少しありますが)を「施主支給」にすることにしました。

一番大きな理由は、

「施工会社の取り扱いに、どうしても好みに合うものがなかった」

ということ。

一般的には、施主支給はコストカットできる商品もあるみたいですが、私たちはその点では施主支給を選択しませんでした。

「しっかりと頑張ってくださっている施工会社にも、相応の利益を出していただきたい」

というのがその理由です。

そういった意味で考えると、出張カメラマンとしての私の立場は、

「会場提携の業者よりも安いから・・・」

という理由での持ち込みというよりは、

「会場提携の業者よりも圧倒的に素敵に撮影してくれるから」

というクオリティを維持していかなければならない。

それが、私たち持ち込みのカメラマンの使命なのだと想いを新たにした、この度の自宅建築。

そして、皆様が「どういう想いで私を選んでくださっているのか」が身にしみました。

これからもより一層がんばります!

ちなみに、、、
施主支給品にしたリビングの床材は「どんぐり」

どんぐり フローリング 施主支給 五感 ゆらぎ 木魂

無垢のフローリングです。ほとんど養生されていて見えませんが・・・

どんぐり好きの妻が一目惚れした床材です。

オーク(ナラ材)に似た落ち着いた色合いと、優しい木目が特徴です。