結婚式の準備を進めていく中で、驚くのはやっぱり最初の見積と、
自分たちの希望とのギャップではないでしょうか?

式場の方も様々な努力をなさっていることとは思いますが、
みなさん口を揃えて仰るのが、「はじめの見積もりとは全く違う金額になった。」ということです。

式場も夢を売っているといえば表現が良いですが、
その夢に対する対価が発生し、それを支払うのはご新郎様・ご新婦様のおふたり。
(ご祝儀である程度補えるとはいえ・・・です)

夢に対して打ち出の小槌が振れるのであれば全く問題ないかもしれませんが、
その辺りまでしっかりコーディネートしてこその夢を得る人だと思います。

Photo感写では、初回の打ち合わせで発生する費用についてはきちんとご説明させていただき、
それの総計がトータルでの金額になるように心がけております。

おふたりに寄り添える存在であり続けるために、大切にしていることです。