門出の好日

先月の下旬から結婚式の出張撮影でも使っている、最新のデジカメ「Nikon D5」。

良くなった所を上げればキリがないですが、
(オートフォーカス(AF)のスピードや精度)
今日は、暗闇で写真を撮る際の性能アップについてご紹介。

プロフィールムービーやエンドロールなど、
かなり真っ暗な中で撮影することもあるウェディングフォト。

使っていて感じるのは、その真っ暗な中でのピント合わせの正確さ。
そして、ノイズの少なさ(写真の滑らかさ)。

真っ暗な中で、D4SではAFが迷うような場所状態でも、
D5ではかなり確実のピントを合わせてくれるようになりました。

そして、高感度でもかなりなめらかな写真が撮れるようになりました。

D4S 高感度 ISO6400

これまで使用していたD4S

Nikon D5 高感度 写真

こちらがD5 ISO6400です。

同じISO感度(デジカメだと入ってきた信号をどのくらい増幅するのか?という指標)でも、
新しいカメラのほうがザラザラ感が少ないの、おわかりいただけますか?
(どちらもピクセル等倍で表示しています)

D5の方が解像度が増えているので、
同じ大きさに印刷する際の引き伸ばし率は小さくて済むので、
よりザラザラ感は目立たなくなります。

技術の飛躍的な進歩で、これまで諦めていたようなシーンでも写真が撮りやすくなりました。

おふたりは観ることの出来なかったゲストの様子なども、
これからはもっともっとたくさん撮影できそうです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。



カレンダー

2016年5月
« 4月   6月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031