先日、ちょっと読んでいて切なくなるニュースを見かけました。

若者の結婚式離れ 「ドレス着たくない」「お金かかるだけ」

確かに、この仕事をしていると、結婚式を挙げない方が増えている、
という話はよく耳にしますが、
今回の記事は、理由を読んでいて悲しい気持ちになりました。

変な話、私の心のなかには、ちょっと女性的なものの考え方をする一面があって、
「ウェディングドレス、すてきだなぁ」、
とか、
私がドレスを着なくても、
ドレスを着た素敵な女性を見たいし、
やっぱりドレスを着てキレイになってほしい。
と思う気持ちが強く有ります。

確かに、結婚式の準備は、大変・・・ですし、
(というより、披露宴の準備が大変なのだと思います)
それなりのまとまった費用も必要になってくるかと思います。

でも、その前に考えていただきたいのは、
「結婚」と「結婚式」は切り離して考えて欲しい。

ということ。

結婚するから、結婚式をしないといけないということは全くないと思いますし、
結婚式をするのが面倒だから結婚しない、と言うのは、そもそも何か考え方の順番が間違っているような気がします。
(結婚をしない、という生き方を否定しているわけではなく、記事を読んでいて、
結婚するということと、結婚式を結びつける考え方を持っている人がいるかのような報道がナンセンスだと感じるという意味です。
いや、もしかしたら結婚する=結婚式をする、と思っている方もいらっしゃるのかもしれませんけど。。。)

そして、もう一つ。

「結婚式」と「披露宴」も、分けて考えて欲しいということ。

おふたりにとっても、大切な思い出になる、結婚式は、絶対に挙げたほうがいいと思いますし、
結婚式は、学校の卒業式や、成人式と同じように、親御さんとっても大切な節目で、親孝行、という意味でも結婚式はあげて欲しい・・・
(この歳になって、自分も結婚し、さらにこの仕事を続けてて感じるのは、
親にとっては、結婚して家庭を持つことが子育ての終了と感じる方が本当に多いような気がしています)

つまり、結婚式をあげられる新郎・新婦にとってのけじめでも有り、
親御さまにとっては、子育ての卒業式のように感じています。
(結婚式とは、自分たちだけのものではなくて、
これまで育ててくださった親御さまへの親孝行だと思うのです。)

その卒業式(結婚式)の後に、盛大な祝賀会(披露宴)をしたい、して欲しい、
と感じる、考える親御さまも沢山いらっしゃると思いますが、
先の記事のように、披露宴は意味が無い、
とお考えになる方も、是非結婚式だけでも挙げていただきたいと思ってしまいました。

(披露宴は本当に経済的な負担も大きいですが、結婚式だけでしたら、
思っているほどの金額ではないと思います。(結婚式場に行くと披露宴までパッケージになっていることも多いので、
自動的にすごい金額になってしまうのですけど・・・))

結びに

結婚するからといって結婚式や披露宴をすること、
ドレスを着ることは義務ではない。

盛大な披露宴はしなくても、
式を挙げるのはお勧めです!
(ジミ婚と言われるかもしれませんが、そこに想いがあれば、素晴らしい結婚式になると思います)