先日(6月16日)に、いよいよ実装されました、
我らが? Photoshop CC 2015バージョン。

新しいもの好き、というわけではありませんが、
(といっているだけで、本当は、新しいもの好きかも知れません)
早速導入しました。

以前の様にソフトウェアをパッケージでの購入ではなく、
今は、CC(Creative Cloud)という年間契約でダウンロードする形になったので、
ソフトウェアを最新の状態にキープしやすくなったのはいいですね。
(ただ、この仕事を続ける限り、永遠にソフトウェアの料金を支払い続けることになるので、好ましく思っていない方もいらっしゃるようですが)

今回のアップデートで、目玉機能というのは、そんなに多くないようですが、
ひとつ、どうしてもすぐに使いたい機能がありました。

それは、Dehaze(かすみの除去)という機能です。

個人的には、逆光で撮影してふわっとかすみがかかったような(フレアが発生している)写真は好きなのですが、
時と場合によっては、ふわっとしないで欲しい時もありますよね。
(いい感じの写真をすぐに思い出せなかったので結構前の写真ですが、、、)

例えば、

佐原 結婚式 写真 雨 和装 ロケーションフォト

元々の写真

雨の雰囲気も出ていてとても素敵ですが、
後ろの街並みがボヤーッとしている部分もありますよね。

この写真に、

佐原 雨 和装 ロケーションフォト

かすみの除去を利用すると・・・

わかりやすいようにガッツリ調整をかけているので、
全体的な明るさや雰囲気も少し変わっていますが、
後ろの建物がスッキリ浮かび上がってきたのがわかりますか?

(注:この写真は、雨のしっとりした雰囲気を残したいので、かすみの除去はしないほうが私の中では正解です。ただかすみがある写真で、
ぱっと思い出したのがこの写真だったのであえて使っています)

逆にしっかりと写っている写真に靄をかけることもできるみたいです。

こういう新しい機能で、また新しい表現ができるようになるのも写真の楽しいところですね。