先日、シンガポールへ行く前に、
ライカプランで使用しているLeica M4というカメラのシャッターが壊れてしまいました。。。

結婚式の撮影の前にはプロのメカニックの入念なチェックをして頂いていますし、
1年半くらい前にオーバーホール(全てばらして、悪いところを取り替えるメンテナンス)
もしていたのですが・・・

こんなところがこんな風に壊れるの!?
という壊れっぷりに驚きました。
(どういうふうに壊れているのか、理解するのに少し時間がかかりました)

でも今日、撮影の後修理に持って行ったら、
古いライカではここが壊れることもあるのだとか。

よくよく考えると・・・
そのM4というカメラは、1967年に作られたカメラ。

私よりも、11才年上。

再来年には50歳を迎えるカメラです。

いろいろなところに痛みが出てきていても仕方がないですよね。
(というか、そんなに昔のカメラが普通に使えるところがすごい気もします)

今回のトラブルを受けて、新たに発生しそうな部分を含めて、
対策をお願いしてきたので、まだまだ元気に働いてくれそうです。

ライカ・・・

とっても手のかかるカメラなのですが、
それでもこのカメラでしか撮影できない(気がするだけかもしれませんが・・・)写真がありますので、
やっぱりこれからも使い続ける決意を新たにした今日の修理依頼でした。

ライカプラン ウェディングフォト 結婚式 写真

この右側のカメラが今回入院したカメラです

ちなみに、もう一台しっかり使っているM6というカメラは、
1997年製

まだまだ二十歳にもなっていない、働き盛り。
(こちらも、今年のライカプランの撮影前にオーバーホールをしたので、まだまだ頑張れます)

といいつつ、、、

これからのライカプランの撮影には、
もう一台、予備でM3というカメラも持って行くことにした、
今回の騒動でした。