今は携帯電話でも写真が撮れるので、本当に手軽に写真が残せるようになりましたよね。

でも、最近つくづく感じる(心配している)のは、
手軽に撮れるがゆえに、一枚一枚の写真がチープ(ちょっと表現が悪くて申し訳ないです)になってしまっているのではないか?
いいかえると、
普段・日常の「今」を大切に残せているのだろうか?ということです。

私が普段撮影しているのは、結婚式の写真なので、
皆さん気合をいれてご注文してくださっている方ばかりで、そんな心配は無用なのですが。
(ご期待にお応えする写真をお届けするように努めています。)

写真が趣味で上手に写真が撮れる方で、普段から素敵な写真をいっぱい残していらっしゃる方も、
もちろん沢山いらっしゃると思いますが、多くの方はそうではないのではないかと思います。
(カメラマンの私でも、自分の私生活はそんなに立派に残せていない気がします)

自分たちできちんと写真を撮ろうと思うと、相当の時間とエネルギーが必要ですし、
もちろん、私達プロカメラマンに撮影を依頼するのだって、
少しの時間と、エネルギー、そして経済的負担が発生してしまいます。

ただ、時間は戻すことが出来ない(とくに、赤ちゃんや小さな子どもは成長が早いです!)ので、
やっぱりある程度定期的に写真を撮って残してあげる(親目線の表現になっているかもしれません)のも必要なのではないかと強く感じ始めています。

これまでは、結婚式の撮影をさせていただいたおふたりに、
「これからも、撮影させてくださいね!」と、
私の方からお願いすることは少なかったと思いますが、
(商売商売している気がして、あまり気が進まなかったのです・・・)
なぜ写真を撮ろうとするのかを
もっと、しっかりお伝えをしていかないといけないという、
ある種の使命感のようなものが目覚めてきました。

ハーフイヤーバースディの写真

こういうかわいい写真、一杯残したいです!

もっともっと頑張りますので、
これからの門出のことも暖かく見守っていただけましたら幸いです。