時々ですが、忙しいご新郎様・ご新婦様のかわり、もしくはその手伝いで結婚式のカメラマンを探していて、
私のところへ問い合わせをして下るお母様がいらっしゃいます。

今日も、そんなご新婦様のお母様から一本のお問い合わせが入りましたが、
今置かれている状況があまりにも壮絶なのか、
すぐにご新婦様を交えて直接お会いして、お打ち合わせをさせていただくことに。

書いているうちに、あまりにひどすぎる内容なので、消してしまいました。

あえて詳しくは書きませんが、原因は1点。

「会場のプランナーさんが素人すぎる」ということ。
(その原因もわかりましたが、あまりに深い闇なので今日はふれないでおきます)

私はいろいろなホテル、式場、レストラン等で、
沢山の結婚式をみてきているので、
ときどき「私、プランナーだったっけ?」と思うほど、
ご新郎様・ご新婦様から当日の進行やアイテムのことなど、
質問を受けることはあります。

そんなカメラマンの私でも、場数を踏んでいるのである程度のことはお応えできますが、
今日の話は本当に驚いて言葉を失うほどひどいものでした。

本当のプロフェッショナルのプランナーさんは、
私も感心するばかりの、細やかな心配りと知識が有るものなんですけどね。

そういえば、以前もその会場のおふたりの時は、
驚くほど、私がプランニング(というかアドバイス)をしたのを思い出しました。

普段は「会場のご担当者にお任せしておけば大丈夫!」
とアドバイすることも多いですが、
ちょっと考え方を改めた方がいいかもしれません。

ご新郎様・ご新婦様、そしてご家族、祝福に集まって下さる皆様にとって、
いい一日になり、これからの人生のよき門出になるよう、
全力でサポートさせていただこうと決意した、今日のお打ち合わせでした。

※ ご結婚式のご準備を進められる中で、
あれっと思ったことは相談に乗りますので、お気軽にお問い合わせくださいね!