20年前は、まだまだデジカメ創世記。

デジカメはものすごく高価で、
私の知る限りでは、一部のプロカメラマンの中で特殊用途に近い形で使われていたようです。

それが今では、国民総カメラ時代。
一家に一台、どころか、一人一台持っている、
いや、むしろカメラで撮影すると言うよりは、
携帯電話で撮影する人のほうが多いのではないか?

という昨今。

デジカメ 結婚式 写真

こういう形で撮影するのはいつまでなのでしょう?

以前ご紹介した、ピントは後から合わせられるカメラのように、
これからは、ピントをあわせる必要もなくなるかも知れませんし、
色味や明るさも今より自由に調節できるかもしれませんね。

そして、カメラはもっともっと小さく軽くなっていくのではないかと思います。

ただ、恋人のことを愛おしく思う気持ちや、友達を大切に思う気持ち、親が子どもを愛する気持ちなど、
人が「人を思う気持ち」というのは、これからもずっと変わらないと思います。

時代の変化に柔軟に対応していきながらも、
変わらないものを大切に撮影していくスタイルをこれからも大切にしていきたいと思います。