最近は遺影を事前に撮影して預けておく。
というサービスも増えてきているようですが、
カメラマンの立場ととしては、やっぱりしっかりと用意しておいたほうがいいと思う今日このごろ。

某サービスのアンケートでは、できれば自分で選んでおきたい。という意見が過半数を超えていますが、
多くの方は事前に準備出来ていないというのが実情のようです。

その原因は、私達としてはちょっと残念なのですが、
プロに頼んで撮影をしておく、という方が少ない、
つまり、
「自分のプロフィール写真撮影のために出せる金額が、
プロに依頼する金額にはちょっと足らない」
ということにあるのでしょう。

だから、
結婚式の際などしっかりと正装をなさったときに、さりげなく写真を残してさしあげる。

というのも、私達ウェディングカメラマンの使命のような気がしています。

楽しい、嬉しい時に、それほどかしこまったわけでもない、
自然な感じの写真を残しておくのは大切だと思います。

ご用命いただければさりげなく撮影しておきますので、
遠慮無くおっしゃってくださいね!