先日お宮参りの出張撮影に伺ったお客様から、
うれしい絵手紙(お絵かき?)を頂きました。

もともとは、春に2歳になったお姉ちゃんに「門出さん書く?」と、聞いたら、
「かく〜、門出さん、かく〜」といって書いたみたいなんですが、出来上がった絵はこの通り!

2歳の女の子からの絵手紙

お顔がいっぱい!

※ピンクとオレンジのお顔の上には、サインも入っていましたが、
お名前なのでちょっとわからないようにしています。

最初にピンクのお顔を書いたみたいで、、、
ママたちの解釈では、このピンクの顔が私で、その下のがカメラ(ママが、カメラも書いて・・・と言ったら書き始めたとのことです)
らしいのですが、その後もどんどん顔が増えていって・・・
このような絵が完成したみたいです。

私の勝手な解釈なんですが、
カメラではなく、右下の丸も顔で、
ピンクの顔がお姉ちゃん。
オレンジの顔が今回お宮参りだった弟くん。
そして、周りの6つのお顔が、
ご両家のご両親と、パパ、ママなのではないかと思いました。

門出さん=皆が集まる楽しい日。

みたいな記憶(イメージ)が彼女の中に芽生え始めているのかもしれませんね!
(うちの姪っ子と同じくらい、あっていますからね!)

それがいつしか、私たちのために皆が来てくれて、
(パパとママが集めてくれて)
愛されているから来てくれたんだろう。
とわかるようになる日がくるんじゃないか。
と、確信しています。

写真を通して、そんな幸せな想いを紡いでいける。

自分も幸せの中にいるんだなぁ・・・と実感します。

写真を撮る。シンプルだけど大切なことだと思いませんか?