今日は湿度も高くて、どんよりした1日でしたね!

明るく気分爽快にアルバムを作ろう!

と思い立って、前々から挑戦したかった、
HDR合成に挑戦してみました。

HDRって何?

という方も沢山いらっしゃるかもしれませんが、
最近は、コンデジやiPhoneにもその機能が搭載され始めてきているので、
これからは使う機会も増えてくるのかもしれませんね。

HDRとは、ハイダイナミックレンジの略です。

ダイナミックレンジ?

はい。

ダイナミックレンジとは、
写真の場合で簡単に言うと、
一番黒い所と一番白い所(一番暗いところと明るいところの幅)
のこと。

人間の目というのはとっても優秀で、
ダイナミックレンジ(とは言わないかもしれません)がものすごく広いんですが、
写真のフィルムや紙(印画紙)、デジタルカメラは、その幅がとっても狭いのです。
(だから写真は見た目通りに写すのが難しいんです)

その写真を見た目通りに近づけるために、
階調を調節した写真がハイダイナミックレンジというわけです。

本来は明るさを変えて数枚撮った写真から合成するのが正式なんですが、
私はRaw(生データ)で記録をしているので、
実際に写真には表現できない広いダイナミックレンジを記録しているので、
ちょっと強引ですが、今回は1枚の写真から調整してみました。

アニヴェルセル表参道の結婚式 教会の写真

爽やかな青空でしょー

ちなみに、素材は、

アニヴェルセル表参道の結婚式 教会の写真

ベースです。

アニヴェルセル表参道の結婚式 教会の写真

ハイライト側 建物の影部分とかを拾います

アニヴェルセル表参道の結婚式 教会の写真

暗い側 空とかはここから拾います

こんな感じです。
(適当にトリミングしたので、少しずれていてすみません)

ときどき、こんな写真のほうがイメージに合うなぁ・・・
って時があります。

結婚式のアルバムの表紙やデザインボックスの作成に、
取り入れていこうと思った今日この梅雨空の日。