今日は、毎年恒例。

Adobe社と玄光社(コマーシャル・フォト)、共催の
「デジタルフォト & デザインセミナー 2013」でした。

諸般の事情により、今年はUSTでの参加でしたが、
やっぱり勉強になります。

PhotoshopもLightroomも普段使う機能は嫌というほど使いますが、
それ以外は全く使わない。
そんな感じのソフトですが、
特にPhotoshopは、同じ事をするのでも、
作業の手間暇が大幅に違ったり、
仕上がりに影響したりすることも多いので、
他の人の方法論はとっても勉強になります。

今日は、その中でも特に
フォトグラファー 湯浅 立志 (ゆあさ たつし) 氏
の「プロの現場で役立つ Lightroom 実践力アップ講座」

これが役に立ちました。

もちろん、知っていることも沢山でしたが、セッションの中で少しご紹介いただいた
「Actions for iPad」
これはびっくりするほど可能性を秘めている。
と思いました。

Lightroomのショートカットに関しては、
早く簡単に正確にRaw現像を行うべく、
使うもの、使いたいもののショートカットは探し出し、
体に覚え込ませてしまっているので、
さっそく設定してみましたが・・・
ショートカットを使うのとそれほど変わらないかも?
という結果に^^;

しかし!

別にこのアプリ、
Lightroomにしか使えないわけではないのです!

FinalcutやPremierなどの動画ソフトは、
いまのところPhotoshopほど使用頻度は高くなく、
またショートカットの数も多いので、
そこそこ使うけど複雑で使いにくいショートカットが沢山ありました。

それらをちょっとだけ登録してみましたが・・・・

これは素晴らしいです!

何事もやってはみるもんですね!

まだまだ日々勉強です。