去年末に撮影させていただいた方なのですが、
つい先日、久しぶりにメールをいただきました。

なんだかうれしくなると共に、
これからのシーズンもがんばろう!って思えました。

「門出さん

ご無沙汰しております。

今でもアルバムを良く見るんですが、
門出さんの写真は姿形だけの記録としての写真ではなくて、
その時の気持ちまで写されてるなって思います。
だからアルバムを見ると、それまで忘れていたことを沢山思い出すんです。

そうそう、入場の時は緊張してたなぁ、とか。

浦安ブライトンホテルでの結婚式の写真

式の時はこんなこと考えてなぁ


とか。

高砂で新郎とこんなこと話してたなぁ、とか。

あとは実際に自分の目では見られなかった他の方も、
写真に気持ちが写っていて、見ていて嬉しいです。

一緒にバージンロードを歩いてるとき、

結婚式のご入場の時の写真

父親はこんな顔をしていたのか

とか。
母親はこんな風に笑顔で見守っていてくれたのか、とか。
披露宴の思い出DVDで、やっぱりお姉ちゃんは泣いていたのか、とか(笑)

本当に門出さんにお願い出来て良かったなと思っています。
特にYさん(ご新郎様)のお母さんが、
カメラマンさんが明るくて素敵な人だった〜ってとっても喜んでくれていました。
写真には全然こだわりのない2人ですが、
門出さんのおかげですごく素敵な写真を残すことができました^^
本当にありがとうございました。

これからもお体に気をつけて、そして奥さまと仲良く頑張って下さい。
私たちも負けないよう、仲良くして行きたいと思います♪

それでは、これからもホームページ拝見させて頂きます!
すてきな結婚式の写真、楽しみにしております。」

お二人とのプラベートな雑談部分は割愛して掲載させていだきました。
メールの公開、ご快諾いただきありがとうございました。

お二人には、馴れ初めムービーを作らせていただいたこともあり、
お友達やご家族との思い出などにも、共感し、たくさんの写真を撮影させていただきました。

写真には、想いがこもる。
というのも強く実感しました。

これからも、沢山の方たちの幸せな瞬間に、
そしてその気持も撮影させていただければ幸いです。

今後共、感写、門出をよろしくお願いいたします。