梅雨頃に頂いたお手紙ですが、
ようやくご紹介させて頂きます。
(ビックボリュームでなかなか打ち込めませんでした^^;)

結婚式の写真撮影をさせていただいたご新婦様からのお礼のお手紙

可愛い便箋でありがとうございます

門出さま

ご無沙汰しております。雨降りの日がつづきますね。
お変わりなくお過ごしですか。

この度は素敵な(こんな言葉では言い表せないくらい)素敵なアルバムをありがとうございました。
世界に一つだけの私のアルバム。飽きることなく見ています。

初めはカメラマンを別に頼むなんて、特別にこだわりのある人がすることだろうと思っていました。
自分とは遠い世界の話と思っていたのです。
しかし、ホームページで門出さんの写真を見て衝撃を受けました。
なんて素敵なのでしょう、と。
自然な表情が良い。活き活きした表情がそのまま切り取られているのが良い。
こういうの撮るのも良い。(例の吊るされているドレスの写真です)
装丁も良い。

良いな。でも・・・。良いな。でも・・・。
と「圧倒的に素敵」と「敷居が高い」との間で揺れていましたが、
迷っている間に他のお仕事が入らなくて良かったと本当に心から思います。

門出さんには、写真のことだけでなく、
結婚式全般についてのアドバイスも下さいました。
「なぜ結婚式をするのか」
行き詰まった時には原点に戻って最初の思いを思い出すとよい。
といって下さったことはとても助けになりました。
そのあたりも、門出さんにお願いしてみようと思ったきっかけの一つかもしれません。

準備が始まってからは本当にあっという間でした。
質問攻めにあったり、レモンを絞って手紙を書いたり・・・
いい思い出が沢山できました。
実際に動き始めてからは、式場のカメラマンに頼むよりよっぽど地に足がついているというか、
自分の思いをどのようにしたら伝わるかを考えて形にしていくということが純粋に楽しかったです。
本当に良い機会をもらいました。

当日は「Nさん」「Kさん」と動きまわってたくさんの写真を撮って下さいました。
同封しましたデータは、父・兄・義姉の撮った写真ですが
(プロの方にお見せするのはお恥ずかしい限りです・・・)、
門出さんが走り回って撮影してくださっている様子がばっちり写っていますよ!
何かのお役に立てれば幸いでございます。

アルバムは本当に素敵で(この安易な表現・・・^^;)
我が家の本棚にぴたりと収まっています。
Kは「今はまだ恥ずかしくてパラパラとしか見れないけれど、半年くらいしたらじっくり見られるようになるかな」
といっておりますが(特に2次会の最後の方の酔いちくれているところ)、その時私はこういうのが理想的だったのだと嬉しくなりました。
というのは、気軽に取り出せるように本棚に収まっていて、折にふれてアルバムを開いてみると、
その時の気分や状況によって見え方が変わってくると言ったら変ですが、
色々違う思いが見えてくるというか、上手く言えませんが、
ずっとそばに置いて見続けたいアルバムです。

門出さんの作ってくださったアルバムは、
それに耐えうる、深みを持った写真ばかりです。
大げさではなく、一生の宝物を本当にありがとうございました。

くれぐれもお体には気をつけて。門出さんのますますのご活躍をお祈り申し上げます。

N

・・・・・・

お手紙を読ませていただき、
胸が熱くなりました。

お式のご準備中には、なかなか思い通りに進まないこともあり、
いっぱいいっぱいな時期もありましたね。

また、お打ち合わせの前に、
2次会で流すご新郎様向けのサプライズムービーの撮影。
楽しく撮影しましたね!
そして、サプライズは大成功!
ご新郎様にもとってもお喜びいただけましたね!

私にとってもいい思い出です。

これからも、お二人で支えあって、
仲良く、楽しく過ごしてくださいね!

おめでとうございました!!!