ふと、書店(正確にはヨドバシカメラさんの書籍コーナーですけど)で目が止まった。

雲の上はいつも青空
というなんか嬉しいフレーズに、
ステキなライカM3の写真・・・

すぐにハービー・山口さんの本だろう!と直感でわかりました。

ハービー・山口さんの写真、
暖かくて好きなので、東京近郊で写真展などがある時は、
いつも足を運んでいます。

ハービー・山口さんは、展示にライカをぶら下げていくと、
いつも、「お!そのカメラは・・・」
といつも気さくに声をかけてくださる。
不思議な魅力の持ち主です。

さて、脱線しました。
雲の上はいつも青空。
写真も、もちろんステキな作品が沢山乗っていますが、
エッセイがいいですね。

「写真家は、撮りたいものを撮りたいように撮り続けなくてはいけない。それが人生を後悔しない唯一の方策であり、そんな人生を誇りに思いたい」
というフレーズが。心に響きました。

結婚式の一日は、
まさにどんな瞬間も撮りたいもので満ち溢れています。
そんなステキな一日を、ご新郎様・ご新婦様、そしてゲストの皆様と共に過ごす・・・

私は幸せです。