独創的なカメラを発表し続けている、「Ricoh」

最近では、GRデジタルなんかも、とっても人気がありますよね。
さて、その独創的の極みとも言える、
GXR

その独創さっぷりったら!!

普通、撮影者の表現意図によって交換するのは、レンズ・・・
なんですが、
このカメラ・・・

レンズとセンサー(いわゆるフィルムに相当する部分)が一体化していて、
そのユニットを(メーカーはカメラユニットと言っている)交換して、
さまざまな撮影に対応するというもの!!

ちょっとカメラのことに詳しい方なら、
この斬新さは、うなずけますよね。

さて、今回ご紹介するのは、
その新しいカメラユニット・・・
というか、拡張ユニット!?

そう、これまではレンズとセンサーが一体化していましたが、
レンズは付いておらず、センサーと一眼のマウントが一体化しているもの・・・

これを発売するとのことです。

さて、それの何が凄いのか!?

そのマウント次第で、さまざまなメーカーのレンズが使える!!
ということ。

もちろんOLYMPUS、Panasonicのマイクロフォーサーズや、
SONYのNEXなどでも、マウントアダプターという、
レンズのマウントを変換するアダプターを使用すれば、
もちろん他のメーカーのレンズを使えます。

しかし、このGXRははじめからそれのために開発されている!! 
と言うのが凄いんです。

えっと・・・
何が言いたいのかと言いますと、
このユニットを買えばですね。

うちのカメラでライカのレンズが使って下さい!!
って、メーカーが公言した!!ってことですよ。

あー。

リコーさんのカメラユニットですからね、
どんなびっくり機能が盛り込まれるのか・・・

楽しみ楽しみ^^