昨日のマタニティフォトの撮影の続きです^^

写真を撮っているうちに・・・
Babyちゃんのために、編み物をしている・・・
なんて話になり、せっかくだから、
小物として登場してもらいました^^

でも、それだけじゃ盛り上がりに欠けるので、
お腹に顔を描いてみることに^^

マタニティフォト・妊婦写真

その目・・・リアルすぎませんか?

マタニティフォト・妊婦写真

でも、楽しそう^^

マタニティフォト・妊婦写真

かわいく出来上がりました^^

マタニティフォト・妊婦写真

親子3人の和やかな時間です^^

マタニティフォト・妊婦写真

ちびちゃん、待ってるよ^^

マタニティフォト・妊婦写真

最後はスリーショットで^^

うん。
幸せってこういうことだと思います。

そして門出なりに、マタニティフォトを推奨する理由を考えてみます。
(自分の子ども・・・は、まだなので想像してみます^^)

それは、妊娠生活約10ヶ月の幸せな記憶を写しとめておくこと。

最初はつわりで大変だったりするでしょう。
体調も変わりやすいかも知れない。
お酒が好きな人は、飲めなくて辛いかも知れない。
親になることの不安もある?のかな。
でも、だんだんつわりが楽になって、
お腹も大きくなってくる。

だからこそ、撮影をして、
お腹が出てきたことの歓びを素直に表現しませんか?
きっと出産に向けての元気になると思います。

それから、生まれてくるあかちゃんへ・・・
パパ、ママにこんなに愛されているんだよ^^
待ち望まれて生まれてきた大切な宝物なんだよ。
生まれてきてくれてありがとう^^

って言うのが、ストレートに分かりやすく伝わっていいんじゃないかな?
って思います。

あかちゃんが生まれてくると、
まるで戦争のような日々が始まると聞きます。

でも、リビングに一枚、
この掛け替えのない瞬間の写真が飾ってあったとしたら・・・
きっと優しい気持ちになれる気がする。

あかちゃんも、きっと幸せを実感出来る気がする。

そう思いました。

というわけで、皆さんも是非機会に恵まれましたなら、
門出にマタニティフォトの撮影をご用命下さいませ。

心の底から祝福し、
撮影に伺いますよ^^