門出の好日

婚約指輪の定番と言えば、やっぱりダイヤモンドリングですね。

さて、ひとえにダイヤモンドと言っても・・・
そのお値段はどうやって決まっているのでしょうか?

カラット(キャラット)、と言う言葉は聞いたことある方多いと思いますが、
はい。その数字が大きい方が基本、高価なのですが、
実はそんなに単純なモノでもありません。

ダイヤの価値を決める基準は、4Cと言われていて、
Color(カラー)、Clarity(クラリティ)、Cut(カット)、Carat(カラット)の4要素です。

Color・・・はそのまま、色ですが、
ピンクダイヤとか、ブルーダイヤとか特に希少価値のあるカラーダイヤのことではなく、
いわゆる無色のダイヤの色づき具合と言えばいいでしょうか。
ダイヤモンドのDにはじまり、E,F,Gとつづき、Zまで有るようです。
婚約指輪としてよくもちいられる石はFからGくらいまでなのだそうです。
ちなみに、素人目にDとEははっきり言って見極め不能です。
F、Gは、無色の評価なので、並べて見なければ、はっきり言って分かりません。
Dは特に希少なようなので、Dカラーになると突然高価になるのだとか・・・

Clarity・・・これは、なかなかなじみがありませんね。
ダイヤモンドは自然の鉱物なので、
結晶の中にゴミがあったり、傷があったりするのが普通なのだそうです。
その内包物の量によってグレード分けされています。
FL,IF,VVS1,VVS2,SI1,SI2,I1〜3
となるようですね。
FLはフローレス。IFインタナリーフローレス。
この2グレードは本当に希で希少なようですので、やはり価値があります。
婚約指輪としては一般的にVS2までと言われています。
ちなみに、Vはヴェリー、Sスライトリー
なので、VVS1はヴェリーヴェリースライトリーインクルジョン
ということで、本当にちょっと・・・
と言うことらしい。
VS2でも肉眼でははっきり言って分からない程度・・・
なのだそうです。

つぎ。
Cut・・・これは、原石を磨く際の加工精度ですね!
・Excellent(エクセレント)
・VeryGood(ベリーグッド)
・Good(グッド)
・Fair(フェア)
・Poor(プア)
の5段階・・・ですが、
最近は総合評価がExcellentの上に、
シンメトリー(対称性)と
ポリッシュ(研磨)
を追加した3Excellent H&Cという格付けがある鑑定機関もあるようです。
ちなみに、H&Cとは、ハート&キューピットの略です。
美しくカットされたラウンドブリリアントカットの石は、上から垂直に見ると
キューピットの矢のような模様が見栄、下から垂直に見るとハートが並んで見えることから、
そのような名前がついたようです。

これは、人の手が織りなしたモノですから、
やっぱりExcellentでいきたいですね。

そして、いよいよ!
Carat・・・これは、石の大きさと思われている方も多いようですが、
実は石の重さ!なんですね!
(まぁ、重たい石ほど当然大きくなりますから、あながち間違いではありませんが、正確には重さの単位です。)
1Carat=0.200g
です。

婚約指輪だと、0.3カラット以上
なんて言われていますが、
0.2カラットの石でも、グレードがしっかりしていれば
素晴らしい輝きであなたを彩ってくれると思います^^

要は、気持ちですよね!

実は、ダイヤモンドの輝きを見るのが好きな、門出の蘊蓄でした^^;

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。



カレンダー

2010年11月
« 10月   12月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930