門出の好日

先日のご披露宴で小耳に挟んだお話し。

私と同い年くらいの女性は、
名前に「子」がつく方、多いですよね?

その「子」に秘められた意味、ご存じですか?

子どもの子は、「一」と「了」で出来た漢字。
つまり、はじめから終わりまで、
なになにな人生になりますように!

って意味なんですって!

なんだか、名付けてくれた方の愛を感じますね!

結婚式の撮影をしていると、
こういう、ほんのり暖かいお話しに出会える。

門出の小さな幸せでした。

コメント

    • むぅ
    • 2010年 11月 17日

    そうだったんですか!自分には「子」が付いていないし、自分の子にもつけるつもりはなかったけど、次が女の子だった場合は「子」をつけようかな~、と思い始めました。

    • >むぅさん

      コメントありがとうございます^^
      お話しを聞いた後、帰ってきてから辞書を引きました(正確にはネットで見た)
      んですが、発見出来ませんでした^^;

      でも、ネットでいろいろ調べてると、
      そういった記述もちらほら有りました。

      人名辞典とかには出ているのかも知れませんね。

      名前を付ける。
      これも多くの人は一生に数回しか経験出来ませんモノね!

      大切に、その子の将来のことを思って名付けたいですよね!

  1. この記事へのトラックバックはありません。



カレンダー

2010年11月
« 10月   12月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930