はい。

これもとっても勘違いして覚えていらっしゃる方が沢山いらっしゃいます。

×焼き回し
○焼き増し

同じ写真を沢山プリントするのは、「焼き増し」です。

写真とは、ある意味、「複製」することを目的としているといっても半分正解ですよね。
昔であれば、ネガから、
同じプリント(厳密には全く同じプリントではありませんが・・・)を作りましたよね!
この写真を紙にプリントする作業のことを「写真を焼く」
といいます。

印画紙に、像を焼き付けるため、
(といっても光をあてる作業なだけなんですけどね^^)
写真を焼くという言葉になったと思われます。

つまり、焼き増しとは、「焼いて増やす」ことを指しています。

なぜ、焼き回しになったのか!?
使い回し、ににて入るから!?
沢山プリントして、お友達とかに配るから!?
(お友達に仕上がりを回す!?)

語源は定かではありませんが、
かなり多くの人が焼き回しと思っていらっしゃいます。

結婚式の写真とかは、
沢山焼き増ししてご親戚や、お友達に配って差し上げましょうね!!

はい!
この記事を読んだあなた!

もう覚えましたね!